効率的なプレゼンに欠かせないデジタルツールとは?

相手の心に届く!デジタルツールを活用したプレゼンとは

プレゼンテーションの意味と心に響かせるコツ

プレゼンテーションでその場に居る人へ企画の内容や考え、思いを言葉にして伝え動かしていくということは本当に難しいと思います。
資料を充分に用意していても、聞き手、読む人によって捉え方が違い内容の伝わり方も十人十色です。
また言葉で伝えるにあたり文章中の言葉のニュアンスなどはなかなか伝わりにくいものです。
今までは資料としてグラフや図表を用いたものが中心で動きがないものでした。
プレゼンテーションになると、限られた時間の中でいかに要点を的確に伝えられるか?スマートな文章と資料が求められます。
同じ資料でも紙面と写真やイラスト、グラフなどに動きを加えたものを用いての資料があると耳から入る情報に視覚で受け取る情報が盛り込まれたら、よりたくさんの情報が相手に伝わります。
新聞記事や雑誌などの文章と現場を伝える写真や資料の関係と同じです。
近年はこれまでの紙面中心の資料から、パソコンやタブレット、プロジェクターなどを利用したデジタルツールが活躍するようになりました。
デジタルツールの活躍でこれまでの説明に画像の情報が追加され、説明を聞くプレゼンから目で見て納得するプレゼンへ変わりつつあります。
それでも紙面による資料を配付するということがどんな意味をもつのかも、私たちは理解しているからこそずっと支持してきたのだと思います。
デジタルツールを利用したプレゼンは、幅広い年齢の人が受け入れやすく活躍の場所はビジネスシーンだけではないのです。
プレゼンテーションの役割とデジタルツールを加えることによって得られる効果を調べてみたいと思います。

伝えたいことが相手にちゃんと伝わるプレゼンテーションって?

日ごろから私たちは自分の考えを相手に理解してもらうのは難しいと感じています。 どうしたら相手に伝わるか考えたときに話し方を工夫したり、資料になるものを見せて理解を促すようにしていると思います。 仕事上だけではなくいろんな場面で自然にプレゼンテーションを聞いたり見たりしていることにお気付きでしょうか。

紙面とデジタルツールのメリットと入念な前準備

紙面の資料とデジタルツールを使ったプレゼン、どちらが良いのでしょうか。 両方のいいところを活かしたメリハリのあるプレゼンが理想です。 聞き手を飽きさせない工夫とは?話し手として相手に伝えるために必要な前準備の内容とはどのようなものでしょうか。 聞きやすく相手に伝わる話し方を考えてみましょう。

話が印象に残る声質と見てもらえる資料づくり

人の話し声には聞きやすい、聞こえやすい声質というのがあります。 聞いていて安心できる声、印象に強く残る声といろいろ特徴があることがわかります。 プレゼンのために必要な話術と資料をわかりやすく伝えるためのツールは、両方のバランスが取れてこそ発揮されるものです。

Links

美容室向けタブレット型POS

美容室・サロンのスムーズな運営をサポート!売上・顧客データ管理のできる最新タブレットPOSをご紹介

電動レターオープナーで楽々開封

面倒な封筒の開封作業を便利に!各メーカーのおススメ電動レターオープナーを各種比較してみました。

大阪でバイク便を頼むなら

安くて早い!大阪でバイク便を利用したい方に向け、オススメの会社を挙げていきます。

電話代行で業務効率化

電話代行ってどんなサービスなの?どうすれば利用できるの?そんな疑問にお答えします。

激安のチラシ印刷のメリットとデメリット

チラシ印刷は激安だと嬉しいですが、メリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?